HOME > おいしいパンを作るポイント

おいしいパンを作るポイント

冷凍パン生地の焼き方

パンをふっくらさせる働きをするのは『パン酵母』です。
『パン酵母』がしっかり働くとふっくらやわらかい食感のパンになります。
おうちパン工房がお客様にお届けする冷凍パン生地は、この『パン酵母』を一時的に眠らせている状態です。
眠っているパン酵母を起してあげる「解凍」と、パン酵母を元気にする「発酵」がパン作りにとって一番重要なのです。

解凍

冷凍パン生地を冷凍庫から出し解凍します。
ラップをかけたりして生地の乾燥に注意してください。

急に高温で加熱すると「パン酵母」は死滅してしまします。室温解凍してください。

整形

パン生地を好みの形に整えます。
(整形を必要としない生地もあります。)

発酵

適度な温度、湿度のもとでパン酵母の働きにより、パンが大きくなるのを待ちます。
ラップをかけたりして生地の乾燥に注意してください。

簡易発酵についてはこちら

「パン酵母」は、気温30℃、湿度80%で最も活性化します。
その環境を整えてあげることで、パン酵母がしっかり働き、膨らみます。

発酵を必要としない商品もあります。
詳細は「冷凍パン生地ってなに?」のページをご確認ください。

冷凍パン生地ってなに?

焼成前加工

卵を塗ったり、トッピングをします。

焼成

あらかじめ温めておいたオーブンでふっくら焼き上げます。

仕上げ

お好みでナッツやチョコでデコレーションをしたり、お気に入りのお皿に盛りつけて焼き立てをお召し上がり下さい!

パンは生きものです。ぜひ色々な作り方でオリジナルパン作りをお楽しみください!

美味しい焼き方を動画でご紹介

  • 業務用冷凍パン生地の通信販売はこちら
営業スケジュール

201711

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

201712

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

は定休日です。

    • わたし流!おうちパンカフェ&ランチ
  • モニターさんが考えたアイデアレシピパン。
敷島製パン株式会社 パスコ冷食カンパニー  お客さま相談室 お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
  • Pascoの通販。賞味期限の長いロングライフブレッドや名古屋銘菓「なごやん」の通販サイト

ページの先頭へ